歯ぐきの色が悪かったり、黒ずんでいたりしたら見た目も悪いですし、病気の可能性も!変色の原因を把握してピンクの歯ぐきを取り戻すためのケアをしてみましょう!自宅で今すぐできる歯ぐきのケアを紹介していきます。

歯ぐきを変色させる原因とは?

勿論、生まれつき歯ぐきの色は個人差がありますが、昔よりも黒や紫になってきたなら次の原因が考えられます。

喫煙

たばこから発生する一酸化炭素によって歯ぐきの組織が酸素不足になり、ニコチンによって血管が収縮して血行が悪くなってしまいます。喫煙はビタミンCを壊し、メラニン色素の生成を抑制する力が弱くなってしまうので、歯ぐきが紫になってしまいます。

歯周炎

歯周炎で歯ぐきの内部で鬱血が起こって歯ぐきが紫色になってしまいます。

メラニン色素の質

生まれつきメラニン色素が多い人は歯ぐきが変色しがちです。喫煙によってもメラニン色素が増えて変色してしまうことがありますが、遺伝によってもメラニン色素の量が違うため、歯ぐきの色が生まれつき違うこともあります。

口呼吸

口呼吸をしていると前歯の歯ぐきが乾燥するせいで炎症を起こしやすくなり赤く腫れることもあります。

 

口呼吸をすることが癖になると口臭がきつくなるなど他のデメリットもあります。

息が臭い原因は胃にあった?楽に治せる対処法はこれだ!

歯ぐきの色を綺麗にするには?

歯磨きをきちんとする

歯磨きは一日に二回以上しっかりしましょう。その際、歯ぐきにもきちんと歯ブラシを当てるようにすることで歯垢をしっかりと取り除き、歯ぐきの炎症を防ぐようにしましょう。

歯周病に効果のある歯磨き粉を使ってみる

歯周病とは、ブラッシング不足などにより口の中の最近が感染してしまい重症になると歯が抜けてしまう病のこと。

 

歯周病対策のある歯ぐきの炎症を抑えることに効果のある歯磨き粉を使ってみましょう。

 

歯を白くする歯磨きに興味がある方は↓記事を見てみてください。

歯磨きを変えるだけで大してお金をかけずに歯が白くなる?!

禁煙する

歯ぐきや歯の健康に害を与えるたばこは控えるようにしましょう。

口呼吸ではなく鼻呼吸

口呼吸をするのが癖になっている方は意識して鼻呼吸をするようにしましょう。口呼吸が癖になっている方は口臭もキツくなってしまいます。

歯医者で歯ぐきを綺麗にするには?

歯科用レーザー

歯ぐきの治療として一番即効性があるのが歯医者にある歯科用のレーザーを当てる治療で、レーザーによって歯ぐきの変色の元となっているメラニン色素を取り除くので、副作用もなく持病持ちの方でも施術を受けることが出来ます。

 

レーザーが当たるときは若干の痛みがありますが、我慢できない痛みではなく、一、二回で綺麗なピンク色になることが出来ますよ。

ガムピーリング

歯ぐきの治療で歯科用レーザーの次に有名な方法がガムピーリングで、歯ぐきに薬剤を塗ってしばらく待つというもの。口の中を洗浄して歯ぐきに表面麻酔をぬるため痛みを感じることはなく、薬剤を塗って洗浄、乾燥という流れを繰り返し治療は終了します。