ふとしたときや起床後は特に自分の口が匂っているのではないかとと不安になることありますよね。自分が気づいてなくても他の人がくさいと思っていたら最悪です。

 

口臭は自分で判断しにくいのが難しいですよね。この記事では自分の息の臭いを知る方法についてまとめてみました。

舌を確認してみる

鏡の前で自分の舌を確認してみましょう。舌に白かったり黄色かったりするものがついていませんか?これは舌苔(ぜったい)と言われるもので、舌の表面についている苔のようなもののことです。

舌苔は矢部カスが舌に付くことで発生してしまう、口臭を引き起こす原因の一つです。舌苔が多く着いている人や黄色っぽくなっている人は要注意です。

 

口臭はティッシュで拭いた舌苔を嗅いでみればすぐに分かります。舌苔のニオイが強いと口臭があると言うことで、舌が黄色いなら歯周病の可能性がありますので病院に行くことを考える必要があります。

マスクを用いて口臭チェック

マスクで口臭チェックをする方法もあります。マスクを付けて一分間ほどゆっくり口から息を吐いてみます。そして鼻で呼吸して確認してみましょう。。

 

こうすると口から吐いた息の臭いを確認できて口臭があるのかどうかが分かります。ゆっくり深呼吸をするつもりで息を吐いたり吸ったりしているとニオイがチェックできます。

自分の手を舐めて確認する

ちょっと汚いかもしれませんが、手の甲を舐めるだけでも口臭チェックできます。初めに、自分の片側の手の甲を舐めてみます。30秒ほど待った後、舐めてない方の手の甲のニオイを確認してみましょう。

 

そして、舐めた方のニオイを確認して比べてみます。すると、舐めた手が臭い場合、口の中の細菌が原因で匂いがあると分かります。

 

初めに唾液でぬれていた手が、乾いたら匂いのする物質だけが残ってしまいますからね。匂いには様々な種類があり、歯周病や虫歯の可能性もありますから内科、歯科に行くことも考えてみてください。

口臭チェッカーで確認

口臭チェッカーは測定部分に息を吐きかけて口臭を確認します。正直これがあれば他にチェックする方法は必要ないでしょう。

 

他には歯医者に行って口臭測定器という物を使う方法がありますが、いきなり歯医者に行くのは恥ずかしい人もいるでしょうし、すぐに口臭を確認できるのは携帯口臭チェッカーの良いところですね。一番口臭が強いと言われている朝起きた後や飲み会後などに確認してみると良いですね!