子供の口臭の原因はいろいろあり、診療するとしても受診する科も変わってきます。初めは子供の口臭の原因をどこにあるのか探る事から始めましょう。息の臭いを友達から言われたらかわいそうですよね。

口臭の一番の要因「口呼吸」

口呼吸をしていて良くないのは、口の中が乾燥することです。口内が乾燥すると口がくさくなってしまいます。

 

「口の中が乾燥しているのか」、「唾液が十分量出ているのか」等のことが重要になってきます。唾液には色々な役割があり、口内の乾燥や唾液が少ないことは悪いことなのです。

口の中が乾燥すると細菌が・・・?

唾液には口の中の汚れを洗い流したり、菌をやっつける効果があり、口の中で細菌が繁殖することを抑えてくれます。唾液が少ないと、口内の細菌が増えて息の臭いが気になるようになってくるんです。

どうして口呼吸になる?

ほとんどが鼻づまりが原因で、口呼吸になってしまいます。また、口呼吸することが習慣となってしまっていることもあります。鼻呼吸をすることが癖になれば唾液も増えるので、口臭を抑えることができます。

鼻づまりなど鼻が原因

「口臭と鼻づまりが関係あるの?」と思われる方も多いかもしれません。鼻づまりが口臭の原因となってしまうのは子供が口呼吸をすることが癖になってしまうからです。また、鼻やのどに炎症や化膿が引き起こされてしまいその膿が悪臭を発生させるということもあります。

 

風邪気味で鼻水が大量に出てしまったり鼻が詰まったりしていると、常に口呼吸になってしまいがちです。すぐに耳鼻科を受診してあげて下さい。

 

もしかしたら小さい子供ですから鼻がかめないかもしれませんので、鼻をかむ練習をしてあげるといいかもしれません。

きついニオイの食べ物が原因の場合

誰でもそうですが、臭いのきつい食べ物を食べたあとなどは息の臭いが気になることがあります。納豆、ニンニク、肉、コーヒーなどがそうでしょう。しっかり歯磨きをさせて様子を見てみましょう。

 

食べ物から来るキツいニオイはそんなに長く続く物でありません。息の臭いが長く続いてしまう場合は食べ物が原因ではないかもしれないので、違う原因を探して適切なケアをしてあげましょう。

歯磨きが上手く出来ていない場合

お子さんに歯磨きの習慣があまりないのかもしれません。歯磨きを十分に行われていないと汚れがたまってしまって息の臭いの原因となるかもしれません。

 

また、歯垢がたまると歯周病や虫歯の原因となることもありますから歯磨きをしてあげることも必要かもしれませんね。

胃腸の調子が悪い場合

歯磨きやキツいニオイがする食べ物、口呼吸に原因がない場合、内臓のどこかの調子が悪いのかもしれません。小児科を受診して調べてみてみましょう。

 

胃腸の調子が悪くて、胃の中の食べ物がなかなか消化されずに口臭の要因となっているかもしれません。

息が臭い原因は胃にあった?楽に治せる対処法はこれだ!

胃腸の調子が悪かったり、口呼吸が原因だった場合はニオイの元から息の臭いを消すサプリもありますので考えてみるのもいいかもしれません。

子供の口臭に今すぐ出来る対策は?

水をたくさん飲むことと、うがいをすることです!

 

実際、そんな簡単なことで?と思うかもしれませんが、水分補給をすることで唾液が増え、口内の細菌をやっつけることができます。また、うがいだけでも口内の細菌はかなり減るんです。うがいの後に一杯の水やお茶を飲むとより効果的でお口の臭いは軽減されますよ!

まとめ

子供同士は顔を接近して遊ぶ場合も多いですから、自分で口の臭いに気づくよりも先に友達に言われることが多いかもしれません。子供は思ったことをストレートに口に出してしまいますから、「口くさいよ!」と言われてしまって傷つくかもしれませんし、ニオイが原因でいじめになってしまうかもしれません。口臭があることで嫌な経験をしないように対処してあげましょう!