いつも口がカラカラに乾いている人いますよね?そんな状態の方はドライマウスかもしれません。

 

口が乾くと、舌が白くなり舌苔が付着してしまうので口臭が出てきてしまいます。その結果、歯周病や虫歯になりやすくなってしまいます。

 

「唾液の量を増やさないとやばい。。」と思いますよね。

 

今回は口臭の原因となる舌苔を生み出してしまう原因となるドライマウスの治し方を紹介していきます。

ドライマウスの症状って?

ドライマウスになると唾液が出にくくなったり、口の中が乾いていたりするように感じてしまい、口臭が気になる原因となります。人はストレス下におかれると、緊張して口の中がパサパサに乾いてしまうことがありますが、普通は水を飲めば治る程度のものです。

 

しかし、症状がひどくなると、ひび割れや口の中がうずく痛み、ただれなどの症状が出てしまう事もあるんです。

ドライマウスの原因とは?

堅いかみ応えのある食べ物を食べない

現代人は堅い食べ物を食べなくなっているため口の周りの筋肉が衰えてしまい唾液が出にくくなっています。食べ物をかむときに舌やあごの筋肉を使って唾液が分泌されますから、柔らかい食べ物ばかりを食べていると唾液が出る機会が減り、口の中が乾きがちになってしまうのです。

加齢

加齢によって口の筋肉が衰えてしまうと唾液が分泌されにくくなって口の中が乾いてしまいます。また、加齢によって背筋が曲がってくることであごが出るせいで鼻呼吸がし辛くなって、口呼吸をするため口内が乾いてしまうのです。

 

また、普段から口呼吸をすることが習慣となっている方はできるだけ鼻呼吸することを心がけましょう。これだけで唾液の分泌量が増えて、ドライマウスを改善することが出来ます。

ストレス過多の毎日

緊張状態では口の中が乾いてしまいます。反対に、リラックス出来ているときは唾液が出やすいですのでなるべくストレスがかかることをしないようにすると良いです。

 

ストレスがかかってしまっても、上手いこと日々の中で発散していきましょう。カラオケに行って大声を出したり、定期的に運動をするようにするとストレス解消になります。

息が臭い原因は胃にあった?楽に治せる対処法はこれだ!

薬の副作用(睡眠薬、降圧剤、抗うつ剤等)

薬の副作用でドライマウスに成る方もいらっしゃいます。お年をとった方にドライマウスの方が多いのは服用している薬が多くその副作用としてドライマウスに陥っているのです。

ドライマウスの対策法

趣味や運動をする

趣味に没頭すると副交感神経が刺激されてサラサラの唾液が出るようになります。逆に、ストレスがたまったり、緊張したり、いらいらしたりすると交感神経を刺激してしまうので、口の中がカラカラと乾いてしまいます。

 

もし心配事などが思い浮かぶようならばそれがドライマウスの原因となってしまっています。運動をしたり気分が明るくなることをしたりすれば唾液の分泌量は増えます。

ガムを噛む

現代人はあまりものを噛まなくなってきてしまい顔の筋力が落ちてしまい口呼吸をするようになるため、ドライマウスになってしまうのです。

 

ですから、ガムを味がなくなるまで噛んでみて口の中に入れておくようにしましょう。唾液腺が刺激されて唾液が分泌されます。

水をよく飲む

唾液を良く出すために水分摂取をすることは大切ですが、緑茶・ウーロン茶、コーヒーは逆効果です。これらは利尿作用があるので、逆に口が渇く原因となってしまうのです。

 

水を飲むのは歯磨きをした後や、寝る前、食事と食事の間がグッドです。一度にコップ一杯程度の水でいいでしょう。

舌の体操をする

舌を出す。(べーっとのバス)引っ込める。また出す。これを数回繰り返します。

 

次に、舌を出し鼻の下までなめ、口の左側から下唇までなめ、次は右側から下唇まで舐めます。これを順番に数回繰り返します。

 

これだけで唾液が出てきますし、毎日舌の体操をすると舌の筋肉を鍛えることができますので唾液の分泌量が増えます。

禁酒、禁煙する

寝る前にお酒を飲むと就寝時口が渇きやすくなり、細菌が増殖しやすくなってしまいます。ですから、飲み過ぎには気を尽きましょう。たばこを吸うとタールやニコチンなどの有害物質によって血行が悪くなり、唾液の分泌機能が低下することから唾液の分泌量が減ってしまうので出来れば禁煙しましょう。